楽天モバイル、050データSIMプランはお得

 今回は「楽天モバイル 050データSIMプラン」について解説させていただきます。細かく書いていきますと文量が膨大になりますので、重要と思われる事項のみをご紹介していきます。


まずは楽天モバイルについて申し上げます。もう既に十分ご理解されておられる方は読み飛ばしていただいても構いません。


楽天モバイルは、携帯端末を利用した「格安スマホ」と呼ばれる通信サービスのことです。以前なら、個人のご自宅でインターネットをご利用されたい場合には、インターネットサービスを提供する会社(プロバイダ)と契約し、モデムなどの専用機器をレンタルしなければいけませんでした。利用料金はというと、最低でも月額4000円ほどはするのが当たり前だったように思います。いったん結んだ契約を解除するためにはタイミングよくプロバイダへ連絡しないと、違約金として数万円もの金額を請求されるのが普通でした。もしかすると、今もそうかもしれません。


これと比べて、格安スマホはというと、楽天モバイル050データSIMプランについて申し上げますなら、利用料金は月額1000円ほどで済んでしまい、契約解除による違約金は発生しません。インターネットを利用する際の速度は何の問題もなく高速で、電話を発着信することができ、メール機能も利用できて、たったの1000円です。(もっと正確にいえば、1200円くらいです。)


料金に関して明らかな差があるので、「格」という文字に表現される意味のごとく、従来のサービスと区別されています。安いからといって、決して質が悪いというわけではありません。価格が低く設定されているだけです。細かく見ていけば少々不都合なところはありますが、通信をするために必要なサービスについては全く問題なくご利用いただけると思います。


SIMの種類

まずSIM(シムと発音します。)ついて簡単に申し上げます。SIMとは、利用者が月にどれだけデータ通信したかをプロバイダ側で把握するためのチップのことです。カードのように薄型になっていますので、SIMカードとも呼ばれています。

f:id:waterpower:20180321043949j:plain

上写真は「nanoSIM」カードです。


現在、SIMカードの種類は3種類ありまして、それぞれ大きさが異なります。まず、大きいのがSIMカード。つぎに、microSIMカード、最も小さいものが上写真のnanoSIMカードです。性能はまったく同じです。はじめは大きな携帯端末のみに利用されていたのが、本体自体の大きさが徐々に小型化していき、本体が小さくなるにつれてSIMカードの大きさも小型化しました。


私が本記事を読んでおられる方におすすめいたしますのは「nanoSIMカード」です。


SIMカードの大きさがお手持ちの携帯端末に対応していなければ、SIMカードを差し込むことは物理的に不可能ということになります。この場合、SIMカードを購入しなおす必要があります。(3000円くらいします。)ですので、SIMカードを選ぶときにはまずこれからご使用なさる端末のスペックを調べる必要があります。少々面倒な作業でもあります。(私はこういう作業が苦手です。最終的な詰めがいつも甘くなってしまい、あとで後悔することがよくあります。)


そんなときには、次にご紹介する商品がとても便利です。私は次の品物をアマゾンさんにて入手いたしました。(送料込みで148円。注文後4日ほどで届きました。)

f:id:waterpower:20180321041840j:plain

「nanoSIM変換アダプター」です。

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード

↑商品名に「iPhone」という単語がありますが、アップル社の製品専用というわけではなく、そのほかの携帯端末にも使用できます。実証済。

f:id:waterpower:20180321052819j:plain

上写真は、変換アダプター装着後のnanoSIMカード。あとは端末に挿入するだけです。


これさえあれば、nanoSIMカードしか持っていなくても、SIMカードやmicroSIMカードのみにしか対応していない端末を問題なくご利用いただけます。ただし、ご利用する際に申し上げなければならない注意点もあります。こちらについてはリンクを貼り付けますので、その方からご覧くださいませ。あとからゆっくりお読みになっても十分結構な内容です。

 

waterpower.hatenadiary.jp

利用価値の高い機種

f:id:waterpower:20180321044830j:plain

Huawei SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S ホワイト 【日本正規代理店品】 E5577S-324

わたしは白を使用しています。

Huawei SIMフリー LTE対応 モバイルルーター Mobile WiFi E5377 ブラック E5377s-327

今は黒色も発売されているようです。

 

アマゾンさんのベストセラー商品です。楽天の公式サイトからでもご購入いただけます。また、公式サイト経由でSIMカードとセットでもご購入いただけます。私がこの機種を入手したのは公式サイト経由だったのですが、代金は税込みで10584円でした。アマゾンさんのショッピングサイトをご覧くださるとおわかり頂けるかと思いますが、公式サイトを利用しない方がお買い得です。ただし、この商品は利用価値が高いので、長期的に見ると差額は気にするほどのものではないと思います。公式サイト経由でSIMカードとセットでご購入いただいても賢い選択といえるはずです。


機能について、大まかに申し上げますと、以下の2点が特筆すべき点です。

  • ボタン1つ押せば当月に通信したデータ量が瞬時に表示される。
  • SIMフリー端末である。

まずはじめに、この機種の最大の特徴である「ボタン1つ押せば当月に通信したデータ量が瞬時に表示される。」という機能の意味についてご説明させていただきます。(とにかく素晴らしいものと私は思っています。使えば使うほどこの機能の重大さにありがたさを感じることになるはずです。)


スマホなどの携帯端末にSIMカードを挿入してご利用なさっても、当月に通信したデータ量を確認することはできます。しかし、手数がかかります。画面をタッチし、アプリを起動したり、スクロールしたりする必要があります。何度も同じ言葉を繰り返しますが、Huawei(ファーウェイと発音します) E5577ならボタン1つ押すだけで一瞬にしてデータを把握できます。格安スマホプランは、たとえどの通信会社と契約したとしても、(大抵は)高速通信を利用するためのデータ量に制限があります。たとえば、3GBプランをご契約なさった場合は、当月のデータ通信量が約3GBを超えた時点で自動的に低速度通信に切り替わります。格安スマホプランを契約している人にとって、現時点で自分がどれだけのデータ通信をしたのかを確かめる行為はとても重要なのです。したがって、確認しようとする頻度は多く、ボタン1つでデータ量を表示する機能は長い目で見ると膨大な時間の節約につながります


もう1つの大きな長所はSIMフリー端末であるということです。どの会社と契約を締結したとしても、この会社が用意したSIMカードを端末に挿入してインターネットにアクセスできます。つまり、無線WiFi接続やUSB接続などのいわゆる「デサリンク」機能をご利用いただけます。これは大きな利点です。


「とはいっても、スマホにはどの機種にもSIMカードを挿入するところがあるのだから、どの機種を選んでも大した違いはないだろう」とお考えになるのは、間違いです。アマゾンさんの中古市場を検索して無線WiFi接続やUSB接続に対応しているものを3000円くらいで買うと、あとで困ることになります。ご注意ください。ただし、(本記事にはただし書きが多くなっております。申し訳ありません。)3000円くらいの端末も利用用途は大いにあって、050電話を利用した発着信機能としてご利用いただくことができます。詳しくは、次の項で述べさせていただきます。

050電話の使用方法と信頼性

050電話とは、インターネット回線を使用した電話通信のことです。


使用するためには、スマホが必要です。ガラケーではご利用いただけません。なので、スマホを持っておられない方で通話機能も合わせてご利用されたい方はまず、アマゾンさんなどのショッピングサイトなどでお求めくださいませ。古いもので構いません。ちなみに、私が使用している機種はSH-01Eです。OSはAndroid4.2と決して新しくありません。しかし、問題なく使えています。価格は、送料込みで1980円でした。


スマホを入手できたなら、つぎはアプリをインストールする必要があります。既にご存知の方もおられると思いますが、「Viber」アプリです。


Viberをインストールすればすぐに発信できるというわけではなく、まず運営会社(楽天の関連会社)に入金します。つまり、プリペイド式です。1ドルから入金でき、クレジットカードなどのお支払い方法を選択すればすぐに通話機能をご利用いただけます。(私は今のところ、1ドル(110円)の入金だけで済んでおります。)


料金については、細かく書くと内容が込み入ってしまいますので、簡単にざっくりとご説明させていただきます。

  • 固定電話への発信 : 約2円/分
  • 携帯電話への発信 : 約10円/分
  • Viberアプリを経由したスマホ同士での通話 : 無料

料金が高いか低いかという問題は、ご利用される方のご活用方法によって答えが様々となるはずなので解説を省かせていただきます。

次に、信頼性について申し上げます。私が実際に使用してみての感想です。


私はViberアプリをインストールしたスマホの他にも以前からプリペイド式の携帯電話を持っておりました。ガラケーです。この携帯電話に宛てて、Viberアプリを利用しスマホから発信してみました。実験です。片手にガラケー、片手にスマホを持ち、試しました。


結果はというと、何の問題もなく通話できました。音は非常にクリアでした。この実験によって信頼性を確かめたあとに、(必要な用事をすませるために)地元のガス会社に電話をかけても何の問題もなく通話できました。


着信も問題なくできました。グーグルに新しいアカウントを作成することもできました。グーグルに新しいアカウントを作る際にはオペレーターから電話がかかってくるのですが、「050」からはじまる番号を登録してもしっかりかかってきました。そして音声はとてもクリアでした。長距離でも問題なく通話できるということです。


まとめると、次のようになります。

  • スマホが必要。
  • プリペイド式。
  • 固定電話、携帯電話の両方と信頼性の高い通話をすることができる。
  • 長距離でも問題なく通話できる。
  • グーグルに新しいアカウントを作ることができる。

このほかにも、私が試したことではありませんが、銀行口座を開設するときの電話番号として「050」から始まる番号を登録することができるという情報もあります。もちろん、すべての金融機関が同じように対応してくれるわけではないと思います。要するに、金融機関からも信用されている通信だということです。

解約について

楽天モバイル全体について申し上げますと、ご契約プランによって違約金が発生する場合と発生しない場合があります。


楽天モバイル050データSIM 3GBプラン」はについては、どのタイミングで解約を申請したとしても違約金は発生しません。数ヶ月使用してみて自分に合わないことがわかれば、すぐに解約しても問題ありません。公式サイトのマイアカウントページである「メンバーズステーション」から簡単にお手続きいただけます。こちらから電話をかける必要はありませんし、電話がかかってくることもありません。システムはとても洗練されています。


当月の15日までに解約を申請すれば、翌月1日にご契約されたSIMカードでのデータ通信ができなくなります。私の体験談を申し上げますと、1度「050電話なし」のデータSIMプランを契約し3ヶ月後に解約したことがありまして、そのときには翌月1日の午前7:00頃にネットを使うことができなくなりました。ネットの情報によると以前は2週間ほどはそのまま通信できていたようです。


プランを解約したあとは、SIMカード楽天へ返却する必要があります。あて先は、解約手続き中にしっかりと画面に表示されますので間違えようがないと思います。SIMカードを返却しないと、罰金として3000円ほどの金額を請求されるそうです。なので、間違っても、捨てない方がよいと思います。


これは余談ですが、ご解約される方の中には追跡サービス付きの郵便を利用してSIMカードをご返却されるかたもおられるといいます。間違ったことではありません。確実性を考えると正当なことであり賢明な判断と言えます。しかしながら、私は「まさか郵便屋さんが楽天の所在地を間違えるわけがない」と思ったので、封筒を自作し、郵便切手(82円分)を貼り付けてポストに投函いたしました。


3GB高速度プラン

料金をとにかく低く抑えたい。しかし、インターネットを利用するときの快適さを犠牲にしたくはない。」とお考えの方には、楽天モバイル3GBプランがおすすめです。料金は1000円ほどです。(先にも申し上げましたが、もっと正確にいえば1200円くらいです。)050電話をご利用にならないのでしたら、料金は月額にしてさらに100円ほど低くなります。


3GBでは足りないというのでしたら、毎月26日までにデータ容量の変更を申請することができます。たとえば、3GBから5GBに変更することや5GBから3GBに変更することは簡単にできます。こちらも解約されたいときと同じように、公式サイトの「メンバーズステーション」からお手続きいただけます。細かい規則はありますが、説明は省かせていただきます。


ただし、(また但し書きです。この言葉の後には面倒な内容が続きます。)契約した後に「050電話」機能をSIMカードに追加したくなった場合や必要ないから取り消したい場合には、一旦契約を解除する必要があります。つまり、再契約しなければいけません。


ですので、あとになって通話機能を必要とする可能性が少しでもおありの方は、050データSIMプランを選択することをおすすめします。(私はこのために、いったん契約を解除し、再度同じ相手と契約を結び直しました。笑)


気になるのは、どれだけ利用したらデータ通信量が3GBに達するかということです。これについては個人差があるとは思いますが、私の場合を申し上げますと、パソコンでユーチューブを5時間視聴して1GBくらいかな、という感覚を持っております。あくまでも目安です。


普段使いに関して申し上げますと、インターネットブラウザの設定で「画像を非表示」にしていれば、3GBものデータ量を1ヶ月間で通信することはまずないと思います。


余ったデータ量について

通信しきれなかったデータ量は、1ヶ月分に限り翌月に繰り越せます。もしも、日頃の絶え間無い倹約精神によって節約しすぎたと感じたなら、月末にユーチューブの動画を視聴することで無駄なくご利用頂けるかと思います。


データ容量をオーバーしてしまった場合

不注意によってデータ容量をオーバーをしまった場合でも、ネットを全くご利用できなくなくわけではありません。単に、低速度通信に切り替わるだけです。メールや通話といった必要最低限の通信は確実に行えます。また、公式サイト「メンバーズステーション」から高速通信をするためのデータ量を補うこともできます

Huawei SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S ホワイト 【日本正規代理店品】 E5577S-324

Huawei SIMフリー LTE対応 モバイルルーター Mobile WiFi E5377 ブラック  E5377s-327