ネスカフェ、クラシックブレンドの良いところ

今回は、「コーヒー」についての記事を書かせていただきます。

f:id:waterpower:20180327011814j:plain

ネスレ、クラシックブレンドです。)

上写真の商品はネスレのヒット商品です。スーパーなどで特売品として売られることが多く、安くてお買い得な商品として人々に親しまれています。本記事をご覧くださっている方々の中にもこのコーヒーを飲まれたことがおありの方は多いことと思います。


毎日コーヒーを飲まれたい方にとって、味はとても大事です。味の良くないものを毎日飲むわけにはまいりませんので、なるべく上等な品物を選びたいと思うのは当然のことといえるはずです。


ところで、みなさんはコーヒーを飲みたくなったとき、何を判断の基準にして商品を選んでおられますでしょうか?


普段何となくお買い物しているつもりでも、味や価格、お店の雰囲気など、商品を選ぶときには様々なことを考えたり感じたりしながら品物を選択しているものです。スーパーやドラッグストアのみとはいわず、コンビニやコーヒーショップでもコーヒー関連の商品は販売されておりますので、コーヒーを飲む事自体に困ることはあまりないかと思います。しかし、商品の種類が非常に多いためどれを選ぼうか迷ってしまいます


味、価格、お店の雰囲気。この3点は商品を選ぶために最も大事な要素ではないかと思います。


おいしいコーヒーをお手頃な価格で飲むことができれば嬉しい心持ちになります。また、もしもコーヒーを愉しまれている場所がとても素敵で快適な場所であったなら幸せさえ感じることができるはずです。味や価格だけでなく、場所も非常に重要といえるでしょう。非常に優れたコーヒー店であるスターバックスドトールタリーズなどはお店の雰囲気作りに普通でないといえるほどのエネルギーを注いでいるそうです。


コーヒーショップではありませんが、ネスレも同様に、「ネスカフェ クラシックブレンド」をスーパーの売り場に特売品として並べるために尋常でないほどの力を注いでいるはずです。


味に関して、私の感想を申し上げますと、「良くも悪くもない普通の味」というどうもはっきりしない言葉となってしまいます。決して、絶賛するほどのものではありませんが、悪い評価を申し上げるほどのものでもありません。

 

f:id:waterpower:20180327011914j:plain


ところで、上写真は豆タイプの品物として販売されている商品です。中身はすでに焙ゼンされている焦げ茶色のコーヒー豆です。グラインダーを使って挽(ひ)いて、熱湯を注ぎ、ドリップ式でカップにコーヒーを入れます。(漢字が変換されなかったところは、カナ文字を使用していきます。)


この商品は、私のお気に入りで、とてもおいしいと申し上げることができるくらいの品物です。しかし、1杯のコーヒーを入れるために手間がかかります。インスタントコーヒーの場合は粉を入れて熱湯を注げばあとは飲むだけでありますが、ドリップ式の場合はもっと手数がかかります。また、1杯あたりの価格は「ネスカフェ クラシックブレンド」よりも高額になります。ふところ具合のあたたかい状態が毎日続くのであれば話はちがってきまいりますが、どうしてもという感情によって欲しいものをついつい買いすぎてしまった月などは進んで作る気になれません。あるいは、台所の室温が快適なら作りたくもなりますが、寒さの非常に厳しい冬の台所などではゆっくりとコーヒーを作りたいという気持ちにもなれません


といって、スターバックスドトールタリーズなどの専門店に参ることができれば、わざわざ自分の手を動かさずとも感じの良い店員さんたちがおいしいコーヒーを入れてくれるはずです。重ねて申し上げますが、どのお店も、非常にすばらしいコーヒーショップです。


それぞれに、みな良いところがあります。


ネスカフェ クラシックブレンド」にも良いところがあります。簡単に書き出せば次のようになります。

  • 短時間で作ることができる
  • 量と味を調整しやすい
  • お手頃価格である。
  • 大容量。


もちろん、悪いところもあります。


味が挽(ひ)きたてのコーヒーらしくないということです。


そもそも、コーヒーと認めてよいのか、という考えに発展する性質を持つ事項です。つまり、「コーヒー」という言葉の定義や製法について話が及ぶことになり、ややこしくなります。もっとシンプルに、味、価格、お店の雰囲気のみで十分満足できるはずなのに、言葉の定義や製法のことまで学習しなければ気が済まなくなります。

f:id:waterpower:20180327011956j:plain

考えだすと止まらなくなるのもコーヒーの面白いところといえるでしょう。私はコーヒーが大好きです。

 

UCC 香り炒り豆 モカブレンド AP 270g

(上写真はアマゾンさんへのリンクです。豆を手にいれるよりも先に道具を揃える必要がありますけれど、気になった方はご覧いただくだけでもコーヒー豆選びのために参考になるかと思います。)

日本珈琲貿易 ネスカフェ クラシックブレンド175g

(上写真もアマゾンさんへのリンクです。この商品については、ご近所のスーパーでお買い求め頂けるかと思いますので、あくまでも参考のためにご案内させていただきます。)