おいしいコーヒーを作るための道具

 前回に引き続きまして「コーヒー」についての記事を書かせていただきます。


インスタントコーヒー粉を使用してコーヒーを作る場合には、時間や手間をかけずに、自分好みの味を実現することができます。この内容については前の記事で書かせていただきました。インスタントコーヒーは非常に優れた商品といえます。


ところで、ドリップ式でコーヒーを作る場合には、そう簡単にまいりません。ただコーヒー粉に熱湯を注げばよいのではなく、工程の中にいくつか「コツ」といってよいほどの些細な知恵もあります。全てを1つの記事にまとめると文量が膨大になってしまうはずなので、少しずつ、ご紹介させていただきます。

グラインダー

f:id:waterpower:20180327015213j:plain

 

まず、豆を挽(ひ)くための道具について書かせていただきます。上写真は、「グラインダー」といって、コーヒー豆を粉砕するために使用されます。使い方は、1度覚えてしまえば簡単で、上部にある黒色の鉄部にコーヒー豆を入れて、あとは上の取っ手をを握って回すだけです。回している最中はカリガリっという音がします。使い方はとても簡単なのですが、使い方を覚えるまでは少々面倒で、手に入れた豆から理想の味を引き出すために何度か道具を微調節する必要があります。面白いところといってもよいかもしれません。


以下に上写真のグラインダーを使うメリットを列挙いたします。

  • 出来上がる粒子の大きさを微調整できる
  • 豆を入れる鉄部が密閉型(開放型もあります。)なので、作業中に豆が飛び散らない
  • 頑丈である。

f:id:waterpower:20180327015636j:plain

 

とても素晴らしい道具ですが、コーヒー粉を作り出すまでにいくらか手間がかかります。今は、自動で豆を粉砕してくれるアイテムもすでに開発されていますので、わざわざ取っ手を握ってぐるぐる回すやり方は古くさいといえるかもしれません。


コンビニなどでは、コーヒー豆を粉砕する工程は機械によって自動化されています。機械で何もかもを済ませようとすることは決して悪いことではなく、出来上がるコーヒーはしっかりしています。コーヒーをおいしくつくるためのコツは、1度マスターしてしまえばどれも単純なものばかりなので、要点さえ押さえながら作れば機械にでもおいしいコーヒーを入れることは可能だということです。

コーヒー豆

良質なコーヒー豆を手に入れることはもちろん大事なことです。そして、出来上がるコーヒーの味を大きく変えるための要素は豆そのものであるといってもよいくらいです。ところが、高額な商品を使用すればおいしいものが出来上がるわけではなく、豆のお値段と出来上がるコーヒーの味は比例の関係にありません。自分が「これが好きだ。」と思えるものを見つけることができればそれでよろしいかと思います。要するに、おいしいコーヒーを作るために無理をしてレアな人種のコーヒー豆を高額なお値段によってご購入なさる必要はないということです。

 

f:id:waterpower:20180327011914j:plain

私にとって1番おいしくて、お手頃価格なコーヒー豆は上写真の商品です。「UCC モカブレンド」。


甘くて、コクがあって、おいしい。


とてもありふれた表現になってしまいますが、この商品を説明するための言葉としては適切なのではないかと思います。砂糖を入れなくても、ほんのり甘いのが特筆したくなるところです。


「モカ」という言葉が何を意味するのかということについて本記事では申し上げません。コーヒーに関するウンチクはいくらでもありますので、私がご説明できることは非常に浅薄な知識かもしれないからです。


「モカ」という単語がどういうものかという問題はひとまず置いておくとして、この「UCC モカブレンド」は非常に素晴らしい商品です。

Kalitaハンドヘルド手動コーヒーミルグラインダードーム形木製42033?F / S ; tm79?F-32?m ugba672990

(上写真はアマゾンさんへのリンクです。グラインダーではなくコーヒーミルとも呼ばれています。後学のためにも、ご紹介させていただきます。新品の価格が8万円となっておりますが、実際には5000円ほどで売られております。)

UCC 香り炒り豆 モカブレンド AP 270g

(上写真もアマゾンさんへのリンクです。「UCC モカブレンド」。ドリップ式でおいしいコーヒーを作るためにはグラインダーの他にも道具が必要です。気になられた方は、参考までにご覧くださいませ。)