エスプレッソもどきの作り方

こんにちは、mizuです。いつもお疲れさまです。

 

f:id:waterpower:20180402073635j:plain

上写真のとおり、今回は「ネスカフェ クラシックブレンド」を使用いたします。インスタントコーヒーでございます。申し上げることでもないことかとは思いますが、銘柄はネスカフェでなくても構いません。ゴールドブレンドなどでもお作りいただけます。


なぜ「もどき」なのかと申しますと、エスプレッソという単語には「プレス(圧力)」という言葉が使われておりまして、エスプレッソというからには作る過程で何かしら圧力を利用することがないといけないと思うからです。


ご存知かと思いますけれど、エスプレッソは通常のコーヒーよりもさらに苦いコーヒーです。ドリップ式で作るためには専用の道具を使う必要があります。コーヒー粉をそっと締め固め、蒸気によって圧力をかけます。

ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 3カップ

(上画像はアマゾンさんへのリンクです。)


ドリップ式で作るためには上写真のような道具を使います。作るためには非常に手間がかかります。とはいえ、今回は使いません。

作り方

いつもご利用されているカップにインスタントコーヒー粉を入れます。これで完成したも同然です。

f:id:waterpower:20180402074119j:plain

次に、熱湯を少量ばかり注ぎます。

f:id:waterpower:20180402074146j:plain

出来上がりました。お好みによって、砂糖などで味を調整してもよいかと思います。エスプレッソに砂糖を入れるのは一般的な飲み方とは言えませんが、構うことはありません。私はいつも砂糖を少量ばがり入れております。


作る工程で圧力をかけておりませんので「エスプレッソ(もどき)」です。と申しましても、インスタントコーヒー粉が開発された時点で、苦いコーヒーを作るためには工程の手順を増やさなくても、簡単に一定の味を実現できるようになりました


カフェなどでエスプレッソを注文しますと、少量なのにもかかわらずレギュラーサイズのコーヒーと同等の金額を請求されます。これはおかしなことではなく、不当なことでもありません。なぜなら、コーヒーを眠気覚ましとしてお召になる方にとってはごく少量の苦いコーヒーを摂取するだけで目的が達成されるからです。一度の食事中にスパゲティとコーヒーをご一緒に飲食されたい方は、メイン料理は水などで済ませ、食後にエスプレッソをいただくという流れになります。


(とは申しましても、私はカフェでエスプレッソを滅多に注文いたしません。理由は、量に対して金額が高すぎるからです。エスプレッソはカフェ向きのメニューではなく、レストラン向きのメニューといえるかもしれません。)


カフェでエスプレッソをご注文なさるのをいつも我慢しておられる方は試しに「エスプレッソ(もどき)」をお作りになってはいかがでしょうか。コーヒーについての勉強にもなるはずです。

広告を非表示にする