&E

以下の文章は、散文です。

人には個性がございまして、ある事を為すにしても、上手く出来る人とできない人に分かれます。株式市場において申し上げますと、投資家は、短期型と長期型に分かれます。短期型の中でも極端なのは、デイトレーダーと呼ばれ、たとえ株を入手したとして、早ければその日のうちに売ってしまいます。一方で、長期型は一度株を入手すると長期間保有し続けます。ところで、長短について、市場に参加している人の数だけ視点があり、自分は長期型と思っていても、別の人から短期型とみなされることがあります。長短は、速さについて考えるときと同じく、相対的に捉えることができます。
さて、市場に参加し、資本を順調に増やしたとして、そろそろ投資スタイルを変更したくなったとします。仮にここにある人物を用意し、彼が長期型であったとすると、来月からデイトレードしても上手くいかないはずです。と申しまして、長期型で上手くいっているなら、今の投資スタイルを変更する必要はありませんので、ひどい例えでした。しかしながら、今のところ資本を順調に増やせていない人が投資スタイルを変更したとして、上手くいくでしょうか。たとえば、長期型で損失を出し続けている人が来月からデイトレードして、成功するでしょうか。
事業が不調なときに改善策を立てるのは経営者として当然ですが、闇雲に構造を変更しても効果はありません。確かな知識と経験に基づく決定でなければ、長者がひしめく市場で有利なポジションを確保することはできません。これは株式投資にのみ適用する考えでなく、あらゆるプロ市場について云えることです。
《追記》ところで、株式投資を語るためには、実に様々な言葉がございまして、経済用語と同様に日々新しい単語が生じます。長期と短期があるなら、中期があっても宜しいという発想により、投資スタイルにも中期型がございます。そして誰もが、自分の投資方法について語るとき、中期型に成ります。と申しますのは、自分よりも長期間株を保有し続ける人はいますし、デイトレーダーと云えど自分よりさらに短期間で売買を完結させる人はいるからです。ですので、自分が長期型か短期型かを知るためには、他人の胸中を想像すれば宜しいかと思います。
利益について申し上げますと、企業が作成する損益計算書の記載方法と同じく、様々な活動をした跡に残った物が、利益でございます。