&L

ブログによる収益のみに頼って生活するのは楽ではない、と思います。と申しますのは、人気ブロガーと云われるような方のサイトを拝見しておりますと、記事をアップロードする他にも、公演を催されたり、本を出版なさったりしておられるからです。ネットの世界で上手くいきますと、次はリアルでも活躍したいと考えるようになるはずです。もともとリアルで活動するのが厭だからネットで稼ごうと思うに至ったはずなのですが、気が付きますとリアルのビジネスに引き込まれてゆきます。各人によって感じ方は様々だと思いますが、ストレスは相当であるはずです。着物費用も増加するでしょう。けれど、潜在欲求として、人から直に認めてもらいたいというのは、誰にとってもあって当然なので、他人事ではございません。
おそらく、ネットで稼ぐだけでは不十分で、何かしらリアルが良くならないことには満足できないはずだと感じます。家族、ご近所、地域にお住まいの方々と良好な関係を築かずして快適に生活することはできない、ということでございます。ですので、ネットでの活動は楽しいかもしれませんが、決してリアルを疎かにしない事が大切だと思います。時間を守る、知らない人に付いて行かない、といった当たり前の事ができていれば、ネットの世界で活躍したとしても、大変な目には遭わないはずです。
部屋の外へ出て労働するのは楽ではありませんが、キツい分だけ様々なことを学べます。たとえば、出勤時刻通りに目的地へ到着するためにどれだけ準備しなければならないか、につきまして考えることができます。あるいは、時刻通りに辿り着くことが目的を果たすために重要でないと云えることもございます。しかしながら、身内にのみ通用する考えを拠りどころにして、他人様との交渉時に言い訳ばかりしていると将来相手にされなくなります。また、自分が先ず約束を守るよう心掛けていれば、次第に約束を守る人とそうでない人の違いがなんとなくわかるようになります。書面に「できます」「いたします」と謳ってあったとしても、相手に履行能力がなければ、実際にはその通りになりません。
このようなことを申しますのは、私生活で、不愉快なことがよくあるからでございます。私に向けられたメッセージでなくても、どうしてこの人はこのようなことを申されるのだろう、と思うことがしばしばございます。もしかすると、私自身が相当に不愉快な人物であるから、私の周りにそういう方々が集るのかもしれません。しかしながら、上手くいかないことを修正していく課程は後になって考えてみると、良い経験だったと思えることがございます。ですので、怠情に屈せず、しっかりと準備し、柔軟に対応していきたいと思っております。