倹約 Log

小説を書きつつ、新ブログを成功させるためのブログ

書くことがなくなったら小説を

おはようございます、MIZです。いつもお疲れさまです。
今日も外は晴れております。いいお天気で、外を眺めると心が晴れやかになります。しかし、気温は低く、外に出たわけではありませんが、駐車場では車のフロントガラスに霜が降りてガチガチに凍っているかもしれません。冬は何をするにも実行するまでに時間がかかります。服を多く着たり、洗濯したり。また、お湯を沸かすのにも時間がかかりますし、寒いので温かいものを頂きたくなるがゆえ、調理時間は年間でもっとも多くなります。只でさえ寒い季節なのに、エアコンやストーブから出る温かい空気の届かないところで作業しなければならないのです。
しかしながら、悪いことばかりではありません。寒さは人を鍛えます。温かい季節には気付かなかったことに気づくことができて、家事を処理する能力が上がるのです。たとえば、洗濯に関して申し上げますと、服は毎日洗濯しなくてもいいとか、水温が低いと汚れが落ちにくいから漬け置き洗いが有効だ、とか考えるようになり、できる事が少しずつ増えていきます。
なので、厳しい季節ですが、面白く、わくわくする時期でもあります。試したくなることが尽きないのです。
私がずっと以前から欲しいものは、知恵です。知識でもなく、知恵が欲しいのです。小さなことから確かなことに気付く力です。
身の回りには便利な物がたくさんありまして、洗濯機や電子レンジ、炊飯器など、とりあえず物を中に入れて、ボタン一つ押すだけで家事をこなしてくれる物で溢れております。テレビやDVDもそうです。ボタン一つ押すだけで、利用者を楽しませてくれます。ただし、そういう便利な物は人から知恵を奪います。お金を出して物を手に入れれば、生活が今よりも良くなると勘違いしてしまうのです。
ブログに関してもそうで、はてなブログはとても便利にできておりまして、記事を書くのがとても簡単です。しかし、調子良く書いているうちに、なんだか面白くなくなって辞めてしまう人も多いと思います。また、書こうと思っても、書けないようになってしまうこともあると思います。私自身がそうでしたので、他にも私と同じような経験をされた方は少なからずおられるはずです。ブログを続けるのは易しいようで、易しくないのです。特に、はてなの報告書によりますと、パソコンを使ってブログを更新する人は、ヘヴィーユーザーとみなされております。
ブログを愉しむためには自分なりに何かを工夫する必要があるようです。
私は、只今こうして書いておりますが、先には小説を書く事を考えております。読む人にとってつまらなくても構わないので、とにかく書いていておもしろく、書いていて感動できる物語を作りたいと思っております。
そのためにも、新しく、独自ドメインを取得してまで、ブログをを立ち上げたのですよ。はてなの無料ブログは小説を書いて、作品を蓄積していくためには不向きだと以前から思っておりましたのでね。新しく書き始めるのは、3月頃になるかと思います。それか、書くことがなくなったら少しずつでも書いていこうかと考えております。
以上、MIZでした。